FC2ブログ

失敗しない柿の渋抜き

  28, 2017 14:56

今日はキムチ作りの日でした。

キムチの後、渋抜きの完了した柿を袋詰めしました。



ドライアイスを入れて4日目の柿です。

お酒やお湯で抜いたものに比べて

短時間で抜けるので歯ごたえも楽しめます。

渋抜きした柿の袋詰め作業




渋抜きは何度もチャレンジしたけど

失敗ばかり。。

今回も勉強になりました~!



まず、渋みを感じなくなる

原理を知っておきましょう!



先日のブログにも書きましたが

柿の渋みは水溶性のタンニンです。

渋抜きとは不溶性に変えることをいいます。

タンニンが「アセトアルデヒド」とくっつくことで

不溶化して舌が渋味を感じなくなります。

なので「アセトアルデヒド」を発生させればOK!

因みに二日酔いの原因も

お酒が酸化することで発生する

「アセトアルデヒド」が原因だそうです。

アルコールを使った渋抜きは

アルコールの酸化を利用したものだったんですね。




ドライアイスは二酸化炭素を個体にしたものです。

柿とドライアイスをポリ袋に入れて密閉すると

二酸化炭素が発生して柿が酸欠になり

セトアルデヒドを発生します。

ドライアイスを使った渋抜きは

簡単で早いことがわかりました!


では早速ドライアイスで柿渋抜きに

チャレンジしてみましょう!٩(๑❛ʚ❛๑)۶


「私、失敗しないので」


と言えるようになるかも~。

※ドライアイスが柿に直接当たらないようにしましょう。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 御殿場情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New